スーツを長持ちさせるための方法|宅配クリーニング スーツ水洗い専門の宅配クリーニング サンフラワー 送料無料・保管無料・しみぬき無料 革靴クリーニング 

ご注文

宅配クリーニング水洗い専門店のサンフラワー

水洗いでスッキリ・サッパリ
宅配クリーニングのサンフラワーでは、通常ドライクリーニングしているスーツ・コート・ジャケット・ズボン・セーターなどを全て水洗い(ウェットクリーニング)しています。水洗いクリーニングすることで、嫌な臭いや汗ジミがきれいに取れます。ベテランの職人の手仕上げで、スッキリ・サッパリ・綺麗に仕上げます。

ご注文はこちらから

スーツを長持ちさせるための方法

スーツ3

クリーニングは、衣類をきれいにして、清潔にすることが目的です。しかし、1回着用ごとにクリーニングに出すのは、経済的にも困りますよね。
スーツのクリーニングは、どのようなタイミングでクリーニングに出せば良いのか。
ご自慢のスーツを長持ちさせるには、洗濯の注意点などをまとめてみました。
ご参考になれば幸いです。

スーツ4

クリーニングに出す頻度は

スーツのクリーニングを出す頻度は、着用日数やスーツの所有数又汚れなどを考慮して、1シーズン2〜3回が理想ではないでしょうか。

仮に5着の冬物スーツがある場合は、2週間に1回のペースでクリーニングに出す事になります。ただ、毎日違うスーツを着用するとは限りませんが、ローテーションでの着用をおすすめします。また、汚れが付着した時や雨に濡れた場合は、早めにクリーニングに出して下さい。虫食いやカビの原因になります。

スーツの劣化を防ぐためには、洗いすぎにも注意が必要です。そのためには、日ごろからのお手入れが大事になりますね。

スーツ8

クリーニングの方法

スーツのクリーニングする方法は2種類あります。ドライクリーニングとウェットクリーニング(水洗いクリーニング)です。

普通はスーツはドライクリーニング(石油系溶剤で洗う)をおこないますが、ウェットクリーニング(水洗いクリーニング)も新しい洗い方として注目されています。

1.ドライクリーニング
 ドライとは、「乾燥する」という意味で、転じて「湿っていない」「水分がない」という意味に用いられます。すなわち、ドライクリーニングとは、水を使わないクリーニングという意味です。ドライクリーニングでは、揮発油のような石油系溶剤、塩素系溶剤、ふっ素系溶剤などを使用します。絹、毛、水洗いすると色の出る品物、形が崩れたり、縮みやすい品物を洗うのに適しています。

2.ウェットクリーニング(水洗いクリーニング)
 一般的に、ドライクリーニングでは、水溶性の汚れやシミが除去されにくい。本来ならばドライクリーニングすべきものを水洗いクリーニングすることをウェットクリーニングとしていました。
2016年12月1日より、ウェットクリーニングを「特殊な技術を用いた業者による繊維製品の水洗い処理」と定義されました。

スーツ5

クリーニングの注意点

スーツのクリーニングを出す場合に注意してほしい事があります。トラブルの原因になりますので、事前にご確認して下さい。

1.衣類のポケットの中や装飾品等の確認
スーツのポケットの中に何も入っていないか、必ず確認して下さい。また、飾りボタンや付属品等があれば外しておく方が良いでしょう。

2.シミ(汚れ)や衣類の傷(痛み)等があれば事前に連絡
スーツを良く確認して、汚れ(シミ)が無いか、また破れやほつれ等が無いか確認し、クリーニングを出すときに事前に伝えておくと安心です。

3.スーツは、上下(ジャケット・ズボン)一緒に出す事をおすすめします
上下バラバラにクリーニングしてしまうと、多少なりとも色の変色も考えられます。出来るだけスーツ上下でクリーニングに出す事をおすすめします。

スーツ6

クリーニングの保管

スーツのクリーニングから戻った時、ビニール袋を付けたままクローゼットにしまっていませんか?
これはまちがいです。
必ず、ビニール袋を外してしまって下さい。
ビニール袋はクリーニング後のホコリ除けです。付けたままクローゼットにしまうと湿気の影響でカビが生える場合があります。
また、ドライクリーニングの臭いが気になる場合は、日陰で半日ほど干しておくと臭いも取れます。

スーツを水洗いクリーニングしませんか?

宅配クリーニング水洗い専門店のサンフラワー

スーツを水洗いクリーニング
宅配クリーニングのサンフラワーでは、通常ドライクリーニングしているスーツ・コート・ジャケット・ズボン・セーターなどを全て水洗い(ウェットクリーニング)しています。アミノ酸系界面活性剤を使い、洗濯機のドライコースで丁寧に水洗いし、スッキリ・サッパリ・綺麗に仕上げます。

ご注文はこちらから
ウェットクリーニグとは
一般的にドライクリーニングでは水溶性の汚れやシミは完全に除去されません。これらの汚れやシミを完全に除くために、本来ならばドライクリーニングすべきものを水洗いすることにより、汗やシミ汚れ(カビなど)嫌な臭いを綺麗に落とすことが出来ます。収縮や風合い変化を極力避けるように工夫した水洗い方法です。

スーツ8

お問い合わせはこちら

シャツ

水洗いクリーニングの効果

汗ジミ取り

水溶性のシミや汗ジミを取り除く

ジュースやしょうゆのシミや襟や脇についた汗ジミをきれいにおとします。

臭いを取る

たばこや嫌な臭いを取り除く

ドライクリーニングの油の臭いやたばこの臭いなど、きれいに取ります。

清潔

水洗いで清潔になる

水洗いクリーニングで、スーツが清潔になりスッキリ・サッパリ仕上がります。

スーツ2

水溶性汚れやシミが良く落ちる

いやな臭いが良く取れる

スッキリ・サッパリ感の着心地

軽くなってハリや風合いもそのまま

品質について

水洗い2

お客様の声

スーツピカピカ

東京都女性

スーツがピカピカなっていて感激しました。ありがとうございました。また利用させて頂きます。今後とも宜しくお願い致します。

臭いが取れてる

大阪府男性

ドライクリーニングの臭いやたばこの臭いなど、きれいに取りていました。とても満足です。ありがとうございました。また、お願いします。

仕上がり最高

埼玉県女性

とてもきれいにして頂き、ありがとうございました。他のクリーニング屋さんより清潔にきれいに仕上げて頂き、嬉しいです。また利用します。

スーツ7

スーツ水洗いクリーニングレシピ

スーツの水洗い
ご家庭で出来るスーツ(ジャケット)の水洗い方法

 たらい(バケツ)2ℓの温水(30度)に、重曹小さじ一杯とウェットオンリーワン(洗剤)20mlを投入、拡散し洗濯液を作ります。
 洗濯物(ジャケット)を5分間漬け込み後、手で押し洗いします。
 洗濯物を取り出し、手で軽くしぼり、クエン酸小さじ半分を入れた水で濯ぎます。
 2ℓの水温25度に、プロテリンス(柔軟剤)10mlとバンノーリ(糊)20mlを投入し、洗濯物を1分ほど漬け込みします。
 洗濯物を取り出し、洗濯機で約10秒ほど脱水し、ハンガーにかけて約1日自然乾燥させます。
 乾いたらスチームアイロンで、裏地やしわの部分をアイロンがけします。

ポイント
縮みを最小限にするコツは、
@長く絞らないこと
A洗いと濯ぎの水温を同じにすることです。

スーツの洗い方

ズボンの水洗い
ご家庭で出来るズボンの水洗い方法

 スーツの水洗いと同じ方法で、水洗いが出来ます。

※ズボンの折り目が消える場合がありますので、縫い目を合わせてアイロンがけして下さい。

ズボンの水洗い

スーツ9

革靴の水洗いクリーニングレシピ

革靴クリーニング
バケツに25℃のぬるま湯7Lを注ぎ、ウエットオンリーワン30tを溶かします。
革靴を10分漬け込みます。
汚れがきつい箇所は、ブラッシングします。
排水して、25℃のぬるま湯7Lを注ぎ、濯ぎをします。
靴の内部も入念に濯ぎを行います。
タオル等で詰め物をして外側も水分をきれいに拭き取ります。
2〜3日ほど陰干しすると乾きます。
シューキーパーで靴の形を整え、靴クリームで磨きます。
ガラスコーティング加工で仕上げます。

革靴

汚れがが良く落ちる

いやな臭いが良く取れる

スッキリ・サッパリ感の履き心地

ガラスコーティング加工で撥水防カビ

品質について

くつ1

くつ2

お申込み

お客様は、商品一覧から商品を選び、買物かごにてご注文下さい。
初めてのお客様は、会員登録(無料)をお願いします。(300ポイント進呈)
お急ぎの場合は、備考欄に「急ぎ」とご記入下さい。
保管希望のお客様は、希望日まで大切に宅配クリーニングのサンフラワーで保管いたします。備考欄に返送希望日をご記入下さい。
送料は、10000円以上で送料無料(1注文当たり1往復当店負担)となります。(佐川急便をご利用下さい。)10000円未満の場合は、お客様送料元払い(お客様負担)でお送り下さい。返送は、当店送料元払い(当店負担)でお送りします。2回以上で返送する場合には、1回当たり1100円の送料別途がかかります。

ご注文はこちらから

パソコン

ご利用方法
品質について
                                 
ご注文

サンフラワー

お試しパック(今なら初めての方限定)
初めての方に限り、通常スーツ上下2着4400円を3000円でご利用出来ます。まずはお試し下さい。水洗いクリーニングすることで、嫌な臭いや汗ジミがきれいに取れます。ベテランの職人の手仕上げで、スッキリ・サッパリ・綺麗に仕上げます。

ご注文はこちらから
お試しパックはこちら

PageTop